文書作成日:2017/09/26

11月に実施される過重労働解消キャンペーン

 働き方改革は具体的な法改正に向けて動き出しており、先日、厚生労働省は「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」の答申を公表しました。衆議院解散により、予定されていた臨時国会への法案提出が延期されるという話もあり、施行時期の見直しなどもあるかも知れないという状況ではありますが、今後、働き方改革の実行・実現のために長時間労働の是正に向けた取組みが強化されていくことは確実です。そうした取組みの一つとして、今年も11月に労働基準監督署の重点監督を含む過重労働解消キャンペーンが実施されることとなりました。

1.過重労働解消キャンペーンとは
 このキャンペーンは、2014年11月に施行された「過労死等防止対策推進法」において、11月は「過労死等防止啓発月間」とされたことから実施されるものであり、過労死等の一つの要因である長時間労働の削減等、過重労働解消に向けた集中的な周知・啓発等の取組として行われています。

2.過重労働解消キャンペーンの実施内容
 キャンペーンの主な内容は以下のとおりとなります。

(1)労使の主体的な取組の促進
 使用者団体や労働組合に対し、長時間労働削減に向けた取組に関する周知・啓発等について、厚生労働大臣名による協力要請を行い、労使の主体的な取組を促進する。また、都道府県労働局においても同様の取組を行う。
(2)労働局長によるベストプラクティス企業への職場訪問の実施
 都道府県労働局長が長時間労働削減に向けた積極的な取組を行っている「ベストプラクティス企業」を訪問し、取組事例をホームページなどを通じて地域に紹介する。
(3)重点監督の実施
 長時間の過重な労働による過労死等に関して労災請求が行われた事業場や若者の「使い捨て」が疑われる企業等への重点的な監督指導を行う。
(4)電話相談の実施
 「過重労働解消相談ダイヤル」(無料)を全国一斉に実施し、過重労働をはじめとした労働条件全般にわたり、都道府県労働局の担当官が相談に対応する。
 実施日時:2017年10 月28日(土) 9:00〜17:00
 過重労働解消相談ダイヤル:0120-794-713

3.具体的な重点監督の内容
 2の(3)の重点監督においては、時間外・休日労働が時間外・休日労働に関する協定届(36協定)の範囲内となっているか、賃金不払残業がないかといった事項が重点的に確認されます。また、不適切な労働時間については労働時間を適正に把握するように指導し、長時間労働者に対して医師による面接指導等、健康確保措置が確実に講じられるように指導が行われることになっています。
 この監督指導の結果、企業名が公表された場合や、1年間に2回以上同一条項の違反について是正勧告を受けた場合には、ハローワークにおける新卒者等を対象とした求人が一定期間受け付けられないことになっています。また、この取扱いは職業紹介事業者や地方公共団体に対しても、ハローワークと同様の取扱いを行うよう要請されています。

 今年1月20日に「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」が策定され、労働基準監督署はこのガイドラインに基づいて指導を行っています。企業としては改めてこのガイドラインの内容を確認し、これに基づいた労働時間の把握を進めていきましょう。

■参考リンク
厚生労働省「過重労働解消キャンペーン」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/roudoukijun/campaign2015.html
厚生労働省 リーフレット「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2017/09/19
重大事故増加で見直しておきたい自転車通勤等の取扱い2017/09/12
今年の引上げで固定化される厚生年金保険の保険料率2017/09/05
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額 前年度より大幅に増加2017/08/29
マタハラ防止対策 企業規模が小さくなるほど取組み割合が低い結果に2017/08/22
長時間労働が疑われる事業場への監督指導 43.0%が違法な時間外労働という結果に2017/08/15
ストレスチェック制度 8割強の事業場で実施2017/08/08
精神障害による労災請求件数が過去最多を更新2017/08/01
今後、関心が高まる障害者雇用納付金制度の概要2017/07/25
働き方改革の中で注目を浴びるフレックスタイム制導入のポイント2017/07/18
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2017/07/11
ストレスチェック実施後の対策に活用できる助成金2017/07/04
ハローワークを通じた障害者の就職件数が8年連続で前年を更新2017/06/27
今後、同一労働同一賃金を進める際に活用できる助成金2017/06/20
算定基礎届作成時に注意すべき支払基礎日数2017/06/13
平成29年4月より基本手当の受給期間延長の申請期限が変更になりました2017/06/06
3人に1人の割合でパワハラを経験2017/05/30
平成29年度に創設された人事評価改善等助成金2017/05/23
6月上旬より始まる協会けんぽによる被扶養者資格の再確認2017/05/16
2017年10月より最長2歳まで育児休業が取得可能になります2017/05/09
今年も4月より始まった「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン2017/05/02
2017年5月30日より中小企業にも適用となる個人情報保護法2017/04/25
企業の年間休日数の平均は108.0日2017/04/18
2017年6月より産業医の作業場巡視回数の削減が認められます2017/04/11
平成29年度の雇用保険料率は引下げに2017/04/04
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反2017/03/28
協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率の見直し2017/03/21
注目の勤務間インターバル制度を支援する助成金2017/03/14
2017年4月より企業単位で任意加入が可能となるパートタイマーへの社会保険の適用2017/03/07
時間外労働の前提となる36協定の締結と届出2017/02/28
平成29年1月から通勤災害の範囲が見直されました2017/02/21
4月より引き下げられる在職老齢年金の支給停止基準額2017/02/14
労働時間の把握において重要となる新ガイドライン2017/02/07
長時間労働が疑われる事業場の66.2%で法令違反2017/01/31
1月より実施されている小売業、社会福祉施設等に対する労働災害防止推進運動2017/01/24
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年間で最低水準に2017/01/17
大学卒業後3年以内で会社を辞める人は全体の31.9%2017/01/10
厚労省が実施した「過重労働解消相談ダイヤル」 相談の27.9%は家族からの相談2017/01/03
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2016/12/27
インターネットで企業の社会保険加入状況が検索できるようになりました2016/12/20
11月15日に来年の裁判員候補者に対する通知が発送されました2016/12/13
特定求職者雇用開発助成金に新設された「生活保護受給者等雇用開発コース」2016/12/06
来年1月から拡大される雇用保険の被保険者2016/11/29
定年を65歳以上としている企業の割合は全体の16.0%2016/11/22
届出漏れの多い従業員の住所変更届2016/11/15
補正予算の成立を受けて新設された65歳超雇用推進助成金2016/11/08
11月に労基署の重点監督を含む過重労働解消キャンペーンが実施されます2016/11/01
就業規則の届出を本社一括で行う方法2016/10/25
対応が必要となる来年1月に施行される改正育児・介護休業法2016/10/18
平成28年11月30日までに実施しなければならないストレスチェック2016/10/11
補正予算の成立を受けて見直しや新設が予定される雇用関係助成金2016/10/04